健康食品アルゴの出来るまで

TOPへ戻る
ブラジル産プロポリス トランスファーファクター コラーゲン マカパワー アルゴ霊芝 ブラジル健康茶
アルゴご案内 アルゴについて width= アルゴQ&A

アルゴの出来るまで
(植物の「生命力」を取り出す循環多段式加圧抽出法)

・最良とされてきたこれまでの抽出法霊芝は、子実体を構成する細胞の中に含まれています。その成分はこれまで熱水抽出法、あるいはアルコール抽出法によって抽出されてきました。これは乾燥した霊芝を細く断裁し、水やアルコールに入れて加熱することによって細胞壁に穴を開け、成分を取り出す方法です。この方法では堅牢な組織を持つ霊芝の細胞壁に十分な穴を開けられず、取り出せる成分は、熱水抽出でもアルコール抽出でも約8%でした。しかも不十分な穴から強引に成分を取り出そうとするわけですから、せっかく取り出した成分の中には破壊されているものがあったり、高温によるダメージを受けているものもありました。残った90%以上の残磋からは、もう成分は取り出せないものと考えられていました。

kaihatu.jpg (16213 バイト)



・加圧で鎖を解く「循環多段式加圧抽出法」

霊芝全体食のために開発された循環多段式加圧抽出法は、細胞壁や細胞内にある成分の結束状態を緩め、次第に細胞の構造を分断して、段階的に大量の成分を傷つけることなく抽出していく方法です。この処理方法の特徴は、霊芝に温度・圧力を時間をかけて連続的に加圧していくことで、鎖状に絡み合ったような状態になっている繊維質やミネラル類、ビタミン類をときほぐして取り出します。その後、多糖類を抽出することにあります。いわば、ゆっくりと絡み合った糸をほぐし、その糸を切ることなくそのままに取り出していくこと。

イソップ物語に北風と太陽が旅人のコートを脱がせる競争をする話がありました。北風は強風でコートを吹き飛ばそうとして失敗し、太陽は暖かい日差しで旅人が自らコートを脱ぐように仕向けて成功するお話しです。従来の方法はイソップ物語の北風に似て、強引にコートに強風を浴びせて、脱げないようにさらに強くコートを押さえつける旅人から、引きちぎるように繊維を奪うような方法です。手に入れられたものは確かにコートの繊維ですが、もはやコートの機能はありません。これに対して循環多段式加圧抽出法は太陽に似て、ゆっくりと時間をかけて熱を与え、旅人が自ら脱いでいき、コートやシャツ、さらに下着まで、その機能をそのまま取り出す方法です。これならば引きちぎられた繊維ではなく、コートやシャツの機能性は傷つけられることなく手に入れることができます。

これまでの研究でβ−グル力ンをはじめとする多糖類は、霊芝の硬い細胞壁を構成する主成分であることがわかっていましたが、従来は細胞壁からはほとんど抽出できませんでした。しかし、循環多段式加圧抽出法によって、細胞壁から大量の多糖類を抽出することに成功したのです。


・1次加圧熱水抽出

その過程をわかりやすく解説すると、まず原料となる霊芝を温水に浸します。イソップ物語にたとえるなら、旅人に「暑くなってきたなあ」と思わせる工程です。こうして徐々に霊芝の組織を柔軟にしていき、1次加圧熱水抽出の段階に入ります。ここでは気圧を加えて、多糖類を縛りつけているビタミン類やミネラル類をときほぐし、抽出していきます。この段階で旅人はコートを脱ぎ、シャツのボタンまではずしたと思ってください。抽出量は15%、すでに従来の抽出法の2倍に達しています。

・水蒸気による加圧熱処理

1次抽出で残った残差には、水蒸気による加圧熱処理が待っています。ここでは10気圧以上(水深100mぐらいの水圧に相当する)の高い圧力をかけて、まだ絡み合っている鎖を解きほぐしていきます。すごい圧力だと思われるかも知れませんが、キノコが有機物質を吸い上げるには10気圧程度の力を使うと言われています。つまりそれ以上の力を加えなければ、キノコの細胞はびくともしないのです。真夏の太陽が体温よりも高い気温を旅人に与えていると想像してみてください。シャツのボタンを一つはずすぐらいでは耐えられず、全部はずしていつでも脱げるような状能になるはずです。

・2次加圧熱水抽出

このような状態にした後に、2次加圧熱水抽出を行います。この段階ではアルカリ性に調整された特殊な水を用い、成分構造の鎖を解かれた細胞壁や細胞の中から、多糖類をはじめ多糖タンパク質、ミネラル類を大量に抽出します。アルカリ性の水はいわば砂漠のオアシスです。旅人は、次々に着ているものを脱ぎ捨てオアシスに飛び込み、身に付けていた衣服は少しも傷つけることなく手に入れることができるというわけです。この2次抽出の抽出量は25%。1次抽出の15%と合わせると40%、従来の抽出量の5倍に達します。

・完璧な衛生管理から生まれるARGOの原料となる霊芝は、ホダ木による栽培から生まれ、その生育条件は完璧な状能に管理され、酸性雨や空気や土に含まれるダイオキシン等の有害物質の影響を受ける心配はまったくありません。また、循環多段式加圧抽出法では、その全工程が密閉された状能で連続的に処理されるため、空気中に浮遊する雑菌類が付着する心配もありませんし、作業する人の手が触れることもありません。現在この素晴らしい抽出法は特許出願中です。

argotitle4.jpg (4320 バイト)